新たな外国人材の受入れ

2019年4月から新しい在留資格である「特定技能」が新設される運びとなりました。特定技能が新設された事により、今までに外国人が働くことのできなかった建設業界や宿泊業界・造船業界・外食産業などで、外国人が働くことができるようになりました。国内における深刻な人手不足の解消の一環として生まれた新しい在留資格となります。人材雇用に悩まれている事業主様はお気軽にご相談下さい。

受け入れ可能な業種について

特定技能1号

■ 対象業種

建設業 造船・舶用工業 自動車整備業 航空業 宿泊業 介護 ビルクリーニング 農業 漁業 飲食料品製造業 外食業 素形材産業 産業機械製造業 電気電子情報関連産業

■ 在留期間 通算上限5年(1年・6ヶ月・4ヶ月)

■ 家族帯同 認めない

特定技能2号

■ 対象業種

建設業 造船・舶用工業 

■ 在留期間 更新可能(3年・1年・6ヶ月毎)

■ 家族帯同 認める(要件有り)

特定技能のポイント

特定技能 省令案(抜粋)

特定技能に関する資料

特定技能についての資料は以下のダウンロードボタンよりダウンロードが可能です。ダウンロードの上、お使いのPC上にてご確認下さい。またご不明な点があれば当組合までお問合せ下さい。

お気軽にお問い合わせください。048-424-8733受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください。
PAGE TOP