技能実習生受入の手順・流れ

お問合せ・ご相談

① お問合せ・ご相談

まず当組合職員が訪問し、外国人技能実習制度をご説明いたします。 企業様がはじめて「外国人技能実習生」の受入れにあたり、事業内容や受入れに際しての希望についてヒアリングさせて頂きます。 実習生を受け入れることができる職種・作業・受け入れ可能人数には制限があります。 メリットやデメリットも含め、些細な疑問にも出来る限りお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

契約・お申込み

② 申し込み

業種・職種・受入れ人数が確定しましたら、当組合にご加入のお申込みとなります。 お申込み後、早速、現地の送出し機関へ求人募集の依頼をかけます。 そして面接実施に向けて書類選考などを行い、求人数の2~3倍になるように候補者を選抜します。

現地面接

③ 現地面接

現地面接へ向かいます。企業様自身で、技能実習生候補者と直接対面し、ご納得いただいた上で人材を確定していただきます。現地面接までの段取りや準備は、当組合と現地送り出し機関が全面的にバックアップ致しますのでご安心下さい。もちろん、通訳もおりますので、面接でのコミュニケーションもバッチリです。現地面接で希望の人材を採用し、実習生と受入れ契約を締結していただきます。

入国準備

④ 入国準備

現地面接にて採用後、技能実習生の入国までには、さまざまな申請書類の提出のため、配属までに、おおよそ6カ月の期間が必要となります。 まず企業様が作成する「技能実習計画書」とその他の資料を外国人技能実習機構へ申請します。計画が認定されれば、出入国残留管理庁への在留資格認定申請、ビザの申請などを続けて行います。企業様自身が作成しなければならない事、書類の準備にご協力いただかなければならないこともございます。さらに書類の提出に遅れがないよう、配属日に間に合わせるために、当組合がサポートさせて頂きます。

入国後の集合研修

⑤ 入国後の集合講習

入国後、技能実習生は寮に併設された当組合の講習施設にて、より具体的に、実習現場で必要となるコミュニケーションや実習内容について集中的に1か月間の講習を受けます。日本の環境で生活しながら、語学や生活習慣を改めて学び、更には消防署や警察署と連携し、火災訓練や交通ルールの講習等も行います。この1ヶ月間で技能実習生は、これから日本で暮らしていく中で色々なトラブルに巻き込まれないように様々な知識を身につけます。

⑥ 最終受け入れ準備

受け入れの日(配属日)が迫ってきました。企業様には、事前に住まいなどの準備や生活用品のサポート体制を万全にして頂きます。技能実習生は、日本での生活に希望を抱いている反面、受け入れ先の企業の方たちや職場環境に馴染めるかどうか、不安も感じています。無事に実習生活を送るために一番大切なことは、コミュニケーションです。

配属日

⑦ 配属日

いよいよ、現地での採用から約6カ月の期間を経て、技能実習生が企業様に配属されます。配属日当日は、当組合が企業様まで技能実習生を送り届けます。その際、受け入れを開始するにあたり、再度注意事項などを説明させて頂きます。技能実習生にとっても、企業様にとっても、ここからが技能実習のスタートとなります。当組合では、配属後も企業様と技能実習生の「かけ橋」となり、双方のサポートを進めてまいります。企業様におかれましても、技術指導・生活指導をよろしくお願いいたします。

技能実習生 その後の実習期間

⑧ その後の実習期間

技能実習生は「第1号技能実習」として実習を開始します。実習期間中、当組合では定期訪問をさせて頂き、企業様と技能実習生の双方から実習状況・労務管理・生活態度や不安なことなどについてヒアリングをし、問題の改善に努めることで、実習計画に沿った実習を実施して頂けるようサポートいたします。さらに技能実習生は「第2号技能実習」の移行前、「第2号技能実習」の修了前に、「技能検定試験」(作業職種によっては評価試験)を受検しなければなりません。日頃の実習の成果が問われるこの試験に、全員が合格できるようにサポートしていきます。

お気軽にお問い合わせください。048-424-8733受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください。
PAGE TOP