技能実習制度活用のメリット

外国人技能実習生を受け入れるメリット

高い実習意欲を持つ人材

入国後の集合研修

技能実習生は若く、向上心に溢れていますので、他の職員に良い影響を与えます。実習意欲の高い実習生を受入れる事により社員の就業に対するモチベーション向上に寄与致します。

若さと元気を確保できる

配属日

現在、高齢化を迎えている日本国内において、若く活力があり、エネルギッシュな実習生を採用する事が可能です。定期健康診断も受けておりますので健康的で明るく、職場の活性化にも繋がります。

海外へのビジネス展開

お問合せ・ご相談

技能実習生は、日本の文化や日本語を学んで母国に帰国しますので、 発展が続く東南アジア諸国との友好に大きく貢献できます。 この機会を通して、現地企業や現地の取引先などとの取引拡大の可能性もあります。

長期的な戦略

技能実習生 その後の実習期間

外国人技能実習制度を活用する事で、3~5年間と定められた期間が、実習意欲の高い技能実習生の基礎となります。政府側で定めている技能実習生の受入れが可能な職種・作業において、日本の先端技術を学ぶ事で未来の可能性が大きく広がる事が考えられます。

採用コストの低減化

国内で一般求人広告誌や広告WEBサイトなどに求人掲載を依頼した場合、採用有無に関わらず、多大な採用コストが発生致します。技能実習生も3~5年間と期間は限定的ですが、この期間内に技能習得の時間を確保する事で、企業全体の技術力の底上げを図る事が見込まれます。

企業イメージの向上

技能実習生を受け入れる事により、結果として企業イメージが向上致します。「国際的な技能移転により国際貢献に寄与している企業」として企業イメージが定着し、社会からの評価の向上を臨む事が出来ます。

お気軽にお問い合わせください。048-424-8733受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください。
PAGE TOP